コーチングとは? コーチングを理解しよう STEP1


コーチングを理解しよう STEP1 コーチングとは?

【コーチングとヒーリングの融合】杉本ワークスの杉本浩章です。


「コーチングを理解しよう STEP1 コーチングとは?」では、コーチングの成り立ちについてご紹介したいと思います。


コーチングという言葉はもともと、ヨーロッパのハンガリーにある「コチ(Kocs)」という小さな村の名前に由来しています。コチは、現在は2700人ほどの村人が住んでいて、ハンガリーの首都「ブタペスト」から南西へ50キロくらいの場所にあります。

記録によると15世紀には、この村で「馬車」が作られていました。馬車というと、現代の私たちの感覚からすると、エンジンのついていない車のような乗り物で、それを馬が牽(ひ)いているイメージがありますが、この時代の馬車というのは、大きな車輪のついた大きな荷台という感じです。当時はこれに人や荷物を載せて馬で牽き、運んでいました。


次第に、コチでつくられる馬車は非常に性能がいいという評判(性能というより、よくできていると表現した方が正しいかもしれません)から、1800年代前半には、急速に周りの国や地域へと拡がっていきました。

このとき、馬車の性能や評判のよさから、コチの馬車は、村の名前がそのまま馬車の名前としても使われ、「コチ」という言葉は村の名前であるとともに、馬車を指す言葉にもなっていきました。


下の写真は、コチ村の博物館に実際に展示されている馬車です。私が現地に行ったときに撮ってきたものです。

コーチングを理解しよう STEP1 コーチングとは?

コチ(馬車)は、人や荷物を目的地まで運んで行ってくれる乗り物です。

そこから派生して、「人を目的地やゴールまで連れて行ってくれる人」のことを「コーチ(Coach)」と呼ぶようになりました。これがコーチの語源です。



ここで、コーチングの元祖であり、父とも呼ばれる「ルー・タイス」の登場です。

ルー・タイスは、アメリカのシアトルにあるケネディ高校の教師で、アメリカン・フットボール部のコーチを務めていました。

ルーは、自身の教え子であるフットボール選手達の能力やパフォーマンスを上げようと、試行錯誤を繰り返していました。その過程で、ワシントン大学のある客員教授から学んだことが、ルー自身の考え方、そして人生を大きく変えるものとなりました。教え子たちを大きな成長や変化に導き、その学びの深さを実感することができたのです。

それがスタートとなって、今度はアマチュア選手達やプロチームのメンタル強化法をビジネスマンや企業組織に適用し、人材の育成や企業の成長にめざましい成果を上げるようにもなっていきました。

コーチングとして、社会一般に広く受け入れられ、重要性が認識されるようになったのです。


今ではアメリカのフォーチュン500の62%、NASA、連邦政府機関、州政府機関、国防総省、警察組織などが、ルー・タイスのプリンシプルやコーチングを採用しています。

※ フォーチュン500(Fortune 500)とは、アメリカ合衆国のフォーチュン誌が年1回編集・発行するリストの1つで、全米上位500社がその総収入に基づきランキングされています。



コーチング(Coaching)とは、ゴールを設定し、それを達成するための「マインドの技術」のことをいいます。

マインドとは、コーチングでは「脳と心」の両方を指す言葉です。物理的な存在である脳と、心という働き・脳の中の機能を併せたものを表わしています。

脳という物理的な存在があるから、心という機能や関数が脳内で働くことができるし、脳も単に物理的な存在のみでは活動できません。脳内に心という何らかのプログラムがあるからこそ、脳という存在が意味を成します。

脳単体でも活動はできませんし、心という機能単体でも実質的な活動は生まれません。脳と心、両者がそろってはじめて、役割が果たされます。


パソコンに例えると、分かりやすいかもしれません。

パソコンは、「ハードウェア」と「ソフトウェア」の2つに分けられます。

ハードウェアとは、パソコンを構成する機器、物理的な存在、半導体や各種記録装置などを指します。ソフトウェアは、その機器内で動いているプログラムやデータのことです。ハードウェアとソフトウェアの両方があって、パソコンはその役割を果たすことができます。

人間に置き換えてみると、大雑把ではありますが、ハードウェアが脳、ソフトウェアが心、ということになるでしょう。


ゴールとは、人生における目標のことです。コーチングにおけるゴール設定には、「ルール」が存在します。そのルールを満たした人生の目標のことを、ゴールといいます。ゴールの設定やルールの詳細、さらにその達成方法については、次回以降のステップでご紹介していきます。



2000年代に入ると、ルー・タイスは更なるコーチングの発展には認知科学の知見が必要だと考え、認知科学者の苫米地英人博士をプログラムの共同開発者として招き入れます。


認知科学(Cognitive Science)とは「認知」、すなわち、人間の心を含めた知能がどのように働いているのかを探るところから生まれた学問で、人体への刺激による反応ばかリを見るのではなく、心とか脳の「機能」に着目します。

「機能」とは、「ファンクション(Function)」の訳ですが、ここでは大きく2つの意味があります。1つは、日本語の「機能」という言葉から連想できるように、あるものが本来備えている「働き」のことです。心とか脳というものがどうなっているのかよりも、どのように働くのかを中心に考えます。

もう1つは、英語の「Function」の持つ別の意味である、「関数」で表現することができるという意味です。心とか脳の働きを、関数で書き表すことができると考えて、研究する学問ということです。

認知科学者とは、このファンクショナリズム(関数主義)を信じている科学者のことをいいます。


苫米地英人 著 認知科学への招待

苫米地英人 著: 「認知科学への招待」


こういった発展を遂げていく中で、現代のコーチングは、全世界で40年間以上の経験や実績と、最先端の機能脳科学・認知心理学などの認知科学の成果をふんだんに盛り込んだ理論や技術によって確立されています。



人生を変えたい、未来の自分を今よりももっとよくしたいと考える人が、無理をしたり、環境を急に変えようとしてみたりすることがあります。

一時的には、それでパフォーマンスが上がることもあるでしょう。しかし、時間が経つにつれ次第に、また元通りの人生や状態へと戻っていってしまいます。

それは、人間には「ホメオスタシス」という強力な現状維持機能があるからです。


ステップを進んでいく中でこの働きについては詳しく説明していきますが、この維持しようとする中身は、「セルフイメージ」という脳内に記憶された、「自分とはこういう人間なんだという自分自身に対するイメージ、自分像」によって決まります。

人の無意識には、このセルフイメージに沿った自分や周りの環境を構築していこうする働きがあります。

ですから、セルフイメージを変えない限り、人間は決して変わることはできません。



私たちがより幸福でより豊かな人生を送っていくためには、何が必要で、どういった技術を駆使すれば、より安全で確実に、ストレスもなく、自分を変えていくことができるのか、それが「コーチング」です。

決してビジネス・コーチングなどという狭い枠組みで、仕事のできる部下を育てるだけのシステムでも、部下の指導法でもありません。

コーチングはどのような人であっても、どのような職業や年齢の人であっても、実践することができます。能力やパフォーマンスを確実に強化し、人生を真に豊かにすることができる、きわめて抽象度の高い(汎用性の高い)技術・方法論です。


コーチングによって、内面から自分を変えていきましょう。コーチングは誰にでも、すぐに実践していくことができます。



All meaningful and lasting change starts on the inside and works its way out.
Lou Tice

すべての意味ある永続的な変化は内側で起こり、外側へと広がっていく。
ルー・タイス



ルー・タイス

ルー・タイス(1936~2012年)
心理学者。米国自己啓発界、能力開発の世界的権威。コーチングの創始者。
アメリカ・ワシントン州生まれ。


苫米地英人

苫米地英人(とまべちひでと)
認知科学者(計算言語学・認知心理学・機能脳科学・離散数理科学・分析哲学)。実業家。
カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同Cylab兼任フェロー。
1959年、東京生まれ。



コーチングを理解しよう STEP2 ゴール設定


コーチングを理解する10のステップ