スコトーマとRAS コーチングを理解しよう STEP3


コーチングを理解しよう STEP3 スコトーマとRAS

苫米地式コーチング認定コーチの杉本浩章です。


「スコトーマ」という言葉があります。

コーチングでは、「心理的盲点」または「認知的盲点」という意味になります。


もともとはギリシャ語で、「盲点」を表す眼科の用語です。

網膜には、画像が映らない部分(暗点、見えない部分)が目の構造上存在します。脳には画像補正機能があり、通常私たちがその暗点を意識することはありませんが、誰しも見えていないはずの部分が、必ず存在します。

コーチングにおける「スコトーマ」は、そこから引用しています。



私たちが普段から見ている目の前の現実世界というのは、実は、見ている人によって見えているものが全く異なります。隣にいる人が自分と同じ角度で、同じ景色を見ていたとしても、見えているものは全く違います。

これは、脳には自分にとって重要なもの、緊急性の高いもの以外は見ない、というより見えなくなる仕組みがあるからです。

この見えなくなったものを「スコトーマ」といいます。重要ではない遮断された情報が、盲点のように見えなくなるのです。


そして、重要なものは通し、そうでないものは遮断するフィルターの役割を持つ脳の機能を、「RAS(ラス)」といいます。

「Reticular Activating System」の略ですが、日本語で「網様体賦活系(もうようたいふかつけい)」という訳語がついています。脳を網目のように覆っていて、脳の全部位を選択的に活性化するネットワークシステムであることから、このような名前がつけられています。


コーチングにおけるスコトーマは、視覚情報だけではなく、聴覚、触覚、嗅覚などの全感覚情報を含みます。

例えば、椅子に座っているとき、お尻の感触は普段は気になりませんし、新聞などを見ていて、興味のない記事は見えません。重要なもの以外は、RASを通り抜けることなく、遮断され、意識に上がりません。

私たちは、このような機能をもっているからこそ、集中したいときはそれ以外のものに意識を取られることなく集中し、脳の処理がパンクせずに、日常を過ごすことができます。


「カクテルパーティー効果」というものがあります。カクテルパーティーのように、たくさんの人がそれぞれ雑談している中でも、自分が興味のある人の会話や自分の名前などは、自然と聞き取ることができます。これもRASによるものです。重要でない会話や音は、スコトーマに隠れ、気になりません。



さて、コーチングでこの「スコトーマの原理」がどうして重要なのかというと、先ほど、人には自分にとって重要なもの以外は見えないというお話しをしましたが、この自分にとって重要なものというのは、自分の信念や思い込みによって生じることが、認知科学などによって明らかにされているからです。

例えば、やりたいことがあったとしても、常識にとらわれ、そんなものは出来っこないとか、セルフイメージや自尊心が低くて、自分には到底無理だなどと思い込んでしまっていると、スコトーマの原理によって、できる方法やリソース、人脈などが、本当はすぐ目の前にあったとしても、見えなくなってしまいます。

さらには、自分が本当にやりたいことやゴールまでもが、見えなくなってしまいます。


人間は、自分の信念や思い込みによって物事を見ているし、世界を認識しています。

コーチングの創始者であるルー・タイスは言います。

「スコトーマがあると、見たいものだけを見させ、聞きたいものだけを聞かせ、考えたいことだけを考えさせます。一つの意見・信念・態度に縛られると、自分の信じることと矛盾するものに対してスコトーマを築きます。ものを見るときに先入観にとらわれ、何をするにも習慣にとらわれます」



大きな成長や進化をしたいと願った場合、自分にとって重要なものを変えなくてはなりません。そうでなくては、今までの自分が見ていたのと同じ世界しか見えず、未来はいつまでたっても、今までの人生の延長にしかなりません。大きな変化への道筋はスコトーマに隠れ、見えなくなってしまいます。

「現状の外側のゴール設定」をすることによって、自分にとっての重要なものは変えられます。

現状の外側のゴールに集中し、自分にはできると確信することで、スコトーマが外れ、ゴール達成への道が開けます。自分にはできるという確信については、「STEP5のエフィカシー」で詳しく触れていきます。


ゴール達成のための方法やリソースというのは、心配するものではなく、ゴールを設定することによって、後から勝手に見えてくるものです。それがコーチングであり、マインドの上手な使い方です。ゴールを決めれば、必要なもの、やり方は自然に見えてきます。

「ゴールが先、方法は後」

なのです。



そして、ゴールの達成に関係のないものは、見えなくなっていきます。

ゴールに必要なものは後からスコトーマが外れ、見えてきますが、必要のないものは逆にスコトーマに隠れます。これがいわゆる「集中している」ということです。ゴールが設定され、自分にとって重要なものが変わったのです。


私たちには、このような「ロック・オン」、「ロック・アウト」システムが生得的に備わっています。何かにロック・オンする(照準を合わせる )と、それと関係のないもの、相反するものはロック・アウト(遮断)されます。

こうして見てみると、人間の脳の働きには、自動追尾システム・自動操縦システムのようなものがあることが分かります。


私たちは社会生活をする中で、様々な出来事に出くわし、思ったり感じたりします。時には、悩んだり、傷ついたり、トラウマになってしまうこともあるでしょう。こういったとき、きちんとしたゴールが設定され、それに集中する意識をもっていると、ゴールの世界に関係のないものはRASによってフィルタリングされ、気にならなくなります。

ゴールが設定されていることは、人間関係や社会生活などにおいて、余計なものに意識を取られたり、不用意に傷つけられたりすることから自分を守っていく上で、とても大切なことです。

ゴール設定が私たちの心を、守ってくれるのです。



Invent on the way
Lou Tice

やり方は発明していく
ルー・タイス



コーチングを理解しよう STEP4 コンフォート・ゾーン



コーチングを理解する10のステップ