エフィカシー コーチングを理解しよう STEP5


コーチングを理解しよう STEP5 エフィカシー

【コーチングとヒーリングの融合】杉本ワークスの杉本浩章です。


ゴールを達成していくために必要なこと、それはコンフォート・ゾーンをゴールの世界にすればよい。そうすると、無意識はゴールの世界が居心地がよいため、ゴールを達成するためにマインドはエネルギーを生み出し、現状とのギャップを埋めようとする。

それがコンフォート・ゾーンの働くメカニズムを利用した、コーチングにおけるゴールの達成方法であることをSTEP4のコンフォート・ゾーンでは説明しました。

コンフォート・ゾーンを形成しているのは「セルフイメージ」です。

セルフイメージをゴールを達成できる自分に高めていく、成長させる。これに必要な要素を、今後のステップではご紹介していきます。



このSTEP5ではその要素として最も大切なこと、「エフィカシー」について解説します。

エフィカシーとは、「ゴールを達成する自己能力の自己評価」のことをいいます。


人は、エフィカシーが高いと成功します。ゴールを達成できる人になる、なりたい自分になれるのです。

社会の一般的な感覚でいうと、「成果を出してくると自己評価が上がる」、「成果を出したからこそ、自己評価が高い」、そのように考えている方が多いのではないでしょうか。

長年のコーチングの実践や経験、そして、認知科学の成果で分かっていることは、実はその逆なのです。

「自己評価が高いから成功する」、「エフィカシーが高いから成果を出せる」というのが事実であることを、ここでは強調しておきたいと思います。


そうなのです。成功している人、成果をどんどん上げ、ゴールを達成していく人たちの共通点とは、「エフィカシーが高いこと」なのです。

「自分はすごいやつなんだ」、「自分ならできる」、「ゴールを達成できるにふさわしい十分な能力が自分にはある」、そう心から信じ、セルフイメージを高めている人、こういう人が実際にゴールを達成していきます。


セルフイメージを高め、コンフォート・ゾーンをゴールの世界とする。その最大のキーポイントとなるのが、「エフィカシーを上げること」なのです。

コーチングでよく言われることなのですが、「コーチの最大の仕事は相手(クライアント)のエフィカシーを上げること」、そのように表現されるくらい、エフィカシーは重要です。



さて、エフィカシーを上げる具体的な内容に入っていきたいと思います。

エフィカシーとは、「ゴールを達成する自己能力の自己評価」であるということ。

ここに二つのポイントがあります。


一つ目、ゴールが前提にあるということ。

定義上、ゴールがなければエフィカシーは上げられません。ゴールが先にあって、そして、それに見合うエフィカシーというのが定まってきます。まずは、ゴールが設定されていることが必要です。

ゴール設定にはルールがあります。STEP2のゴール設定でご紹介したように、
1.ゴールは「現状の外側」に設定する
2.自分が心から望むこと、成し遂げたいことをゴールとして設定する
というルールです。


二つ目は、「自己評価」というところがポイントです。そう、自己評価なのです。自分で決めていいということです。

多くの人は何かをやるにしても、他人の目を気にしたり、他人の意見や判断に耳を傾けたり、許可を取ることを前提に自身の行動を決めてしまいがちです。それが常識ということなのでしょう。自分の評価にしても、他人の尺度で、自分の能力を決定しています。

学校のテストで点数をつけられ、順位を提示され、それをあろうことか自分の価値のように考えてしまうことに何の違和感も感じないのが、私たちの固定観念にはあります。幼い頃からそのような環境で育ってきたのですから、無理もありません。評価とはそういうもの。それが常識。そのように私たちは信じ込まされてきました。

しかし、コーチングにおけるエフィカシーとは、そのような評価基準ではありません。自分で自分に評価を与えていいということを知るのです。

「エフィカシーは自分で上げる」のです。自分で自分に、許可を与え、褒め、「自分にはできる、すごいやつなんだ」と言っていいことを、ぜひ学んで頂きたいと思います。

むやみやたらにゴールを他人に話し、「もっと今の自分や周りを見ろ」などと否定され、エフィカシーを下げてしまってはいけません。誰の言葉に耳を傾けるべきか、よく吟味してみる必要があります。間違っても、ドリームキラー(夢を追うことを邪魔してきたり、壊す人のこと)の言葉を信じてはいけません。

コーチの役割は、相手やクライアントのエフィカシーが上がるように導くことが最大の務めです。



そうして、エフィカシーを上げていくと、セルフイメージが高まって、ゴールの世界にふさわしい自分へと成長していき、コンフォート・ゾーンもゴールの世界へとズレていきます。

無意識にとっても、ゴールの世界が居心地がよいと感じ、マインドはゴールを達成しようとエネルギーを生み出します。


コンフォート・ゾーンとスコトーマの関係を思い出してみて下さい。

STEP4のコンフォート・ゾーンでありましたが、人間はコンフォート・ゾーンの外側のことはスコトーマとなって見えませんが、内側のことは自分にとって重要なもののことですから、よく見えます。

エフィカシーを上げていくことで、コンフォート・ゾーンがゴール側にズレていくわけですから、ゴールを達成するための方法が具体的に見えてきたり、新たなゴールを発見することができるようになります。


また、ゴールへの確信がより高まることで、ゴールに対する集中力も増しますから、ゴールに関係のないことはスコトーマに隠れ、見えなくなっていきます。他人がエフィカシーを下げるような言動をしてきたとしても、気にならなくなります。



エフィカシーが分かったところで、「セルフ・エスティーム」についてもご紹介しておきましょう。

セルフ・エスティームとは、自尊心、「自分の社会的位置に対する自己評価」のことです。

能力の自己評価であるエフィカシー(自負心)と比べて、セルフ・エスティーム(自尊心)は「ポジションの自己評価」ということができますが、本質的にはふたつとも同じものです。


謙虚を美徳として躾(しつ)けられてきたことの多い日本人にとっては、他人からの賞賛に対し、「私なんかまだまだです」とか、「大したことないですよ」などと受け答えをすることがひとつの習慣になっています。

しかし、これらの対応は、謙遜という意味では正解であったとしても、無意識では、「そうか、私は大したことのない人間なんだ」などとセルフイメージを下げた状態で構築してしまいます。エフィカシーやセルフ・エスティームを下げる方向に、自分で自分を追いやっていることになります。

他人からの賞賛に対しては、エフィカシーやセルフ・エスティームを高めていくために、素直に受け入れ、「ありがとう」と言えるようにすることが大切です。



I manage my own mind
Lou Tice

私は自分自身のマインドを上手に使う
ルー・タイス



コーチングを理解しよう STEP6 セルフ・トーク



コーチングを理解する10のステップ