自由意思で自らの人生を選択していく、マインドを更なる高い次元へと誘う、認知科学に基づいたコーチング 【コーチングで世界を創造する】杉本ワークス

ゴールの再設定 誰でもできる「コーチング」のはじめ方 STEP9


ゴールの再設定 誰でもできる「コーチング」のはじめ方 STEP9

【コーチングで世界を創造する】 杉本ワークス MIND Over The NEXT!!


『誰でもできる「コーチング」のはじめ方 STEP9 ゴールの再設定』では、「ゴールの再設定」について解説します。



STEP2のゴール設定STEP4のコンフォート・ゾーンのところで学びましたが、コーチングでは、「ゴールは遠ければ遠いほどよい」ということになります。

マインドというのは、コンフォート・ゾーンを維持する分のエネルギーしか生み出さないため、ゴールを近いところに設定し、その世界をコンフォート・ゾーンとしても、現状とのギャップが小さいため、マインドは大きなエネルギーを生み出そうとはせず、大きな成長や変化を期待できないからです。

また、現状の内側やそれに近いゴール設定は、現状のコンフォート・ゾーンをさらに強化し、現状の外側に対するスコトーマをますます強め、現状維持をより確実なものにしてしまいます。現状の外側ではないゴール設定は、かえって良くないとさえ言えるのです。


ですから、ゴールは「現状の外側」に設定します。



さて、ゴールを現状の外側に設定し、その世界の臨場感を高め続け、そちらをコンフォート・ゾーンとすることに成功したとします。すると無意識は現状とのギャップに慌て(認知的不協和)、凄まじいエネルギーと創造性を発揮しはじめます。

それが様々なスコトーマを外したり、今までやったこともないようなことに取り組んだりと、私たちに積極的な行動をとらせます。これがモチベーションです。ゴールと現状とのギャップを埋めようとするエネルギーがモチベーションなのです。


こうして急速にゴールへと近づいていくと、当然、ゴールと現状とのギャップはどんどん小さいものになっていきます。つまり、先ほどのマインドが生み出すエネルギーの仕組みを考えると、ゴールが近づくにつれて、エネルギーはどんどん失われていってしまうのです。

現状の外側であったはずのゴールの世界は、マインドの放つ凄まじいエネルギーによって、どんどん現状の内側へと移行していきます。それはゴール達成を望む私たちにとっては喜ばしいことですが、同時に、どんどん成長と変化の機会を失っていくことにもなります。


最近どうもエネルギーが湧かないな~といったことがあったとき、それは、気がつかないうちにゴールの世界が現状の内側に移行してしまっている可能性があります。

このときに私たちに必要なもの、それが「ゴールの再設定」です。



もう一度、コーチングの最初のステップであるゴール設定のルールに立ち返ってみましょう。


ゴール設定の3つのルール

1.ゴールは「現状の外側」に設定する
2.自分が心から望むこと、成し遂げたいことをゴールとして設定する
3.人生の各方面に、まんべんなくゴールを設定する


このルールに基づいて、今一度、ゴールを見直していってみて下さい。

いつのまにか、現状の内側になってしまっているゴールはありませんか。現状が、時間の問題だけで自然にゴール達成へと導かれる状況に陥ってはいないでしょうか。

現状の内側のゴールとは、達成方法が見えるゴールのことです。もしくは、現在の延長線上の未来にあるゴールのことです。


ゴールが現状の内側に移行してきていることは、自分では意外と気づかないことがあります。

マインドを上手に使うと、無意識のうちにゴールの世界が現状の内側に入ってくるので、なかなか、ゴールと現状との距離感の変化に気づきにくいのです。コーチングに慣れ親しんでいくと、「変化し続けることが現状」という境地に達するゆえの宿命なのかもしれません。


マインドがつねに大きなエネルギーを生み出し、私たちが成長や進化をし続けていくためには、自身のゴールと現状の自分が置かれてる状況との距離感を計りながら、それが近いようであれば、ゴールを再設定する必要があります。

このようにして、マインドを上手に使っていくことが、コーチングなのです。



ゴールを再設定しないことによる典型的な症状として、「燃え尽き症候群」があります。

何か強い意志による目標があって、それを達成するためにものすごい努力と行動をしていた人が、ある日突然、抜け殻のようになってしまう事例は、皆さんの周りにも結構あるのではないでしょうか。

先ほどご紹介したマインドの仕組みを考えれば、ごく当然のこととして受け入れられると思いますが、ゴールの再設定やバランス・ホイールを実践している人は、意外と少ないはずです。

ゴールや目標と呼べるものが一つしかなく、趣味もなく、そのたった一つの目標を生きがいとして生きてきた人というのは、そのゴールを達成してしまった瞬間、生きる理由や意味を失ってしまいます。文字通り、抜け殻のようになってしまうのです。

仕事一筋という人などもそうでしょう。そういう人が、例えば企業勤めで定年を迎えると、非常に危険な状態となります。死を迎えることすらあり、それは18ヶ月以内とさえ言われることもあります。

ゴールの再設定やバランスホイールという技術こそが、燃え尽き症候群のような事態から、私たちを守ってくれます。


私も大学受験の後は、まさに燃え尽き症候群でした。

私は世間体ゆえに大学に入ることを目標としていたため、合格し入学が決まった途端に何のやる気もなくなり、自律神経失調症や心身症の診断を受けることになってしまいました。

受験勉強をしていた頃は、受験に受かることだけを考え、それに集中し、その他一切のことをやらないと自分で決めていました。趣味もあきらめました。体調もあまりよくなく、しょっちゅう胃痛に悩まされていました。

今考えると、コーチングを知っていたら趣味をあきらめる必要なんかまったくなかったですし、むしろ趣味を続けていた方が無意識は活性化し、より健康でいきいきとしていたことでしょう。

目標や生きる意味を失った私は、大学を中退しました。あれだけ熱心に勉強をして、せっかく合格を手にした大学受験は何だったのだろうという感じですよね。


一度、燃え尽き症候群に陥ってしまうと、大変に厄介です。

ゴールを達成したり、目標を失ったりすると、マインドはエネルギーを生み出さない状態になっていますから、いわゆる心の体力が失われた状態になり、これから現状の外側のゴール設定をという気持ちに、なかなかなれないのです。

現状の外側のゴール設定には、そこそこの心の体力が必要です。何かしら他のゴールがあって、エフィカシーが高まって、精神的に充実している状態だとスコトーマも外れやすく、ゴール設定が比較的容易なのですが、燃え尽き症候群のような状態に陥ってしまうと、ゴールの再設定は難しいのです。

ですからゴールの再設定は、ゴールを達成する前に、早め早めに必ずやっておくべきものです。これも大変重要な「マインドの上手な使い方」です。

燃え尽き症候群に陥ってしまわないように、ゴールに近づいたり、もうすぐゴールに到達しそうだと思ったりしたときは、早急に別のもっと先のゴールを設定し直さなければなりません。

自分たちの現在地とゴールとの距離感を測りながら、ゴールを常に更新し続ける意識が重要になってきます。



コーチングは、生きる価値やその意味合い、真の幸福を私たちに気付かせてくれます。

こういったマインドの上手な使い方を身につけていくことは、貴重で長い人生をより充実させて過ごすうえで、本当に価値のあることだと思います。



Take the first step in faith.
You don’t have to see the whole staircase, just take the first step.
Martin Luther King, Jr

信じて初めの一歩を踏み出そう。
階段のすべてが見えなくてもいい。とにかく最初の一歩を踏み出すのです。
マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)


It is not a shame if others are superior to you.
but it is if you this year is inferior to you last year.

他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。
しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは、立派な恥だ。
ラポック(イギリスの探検家)



次のステップはこちら:
誰でもできる「コーチング」のはじめ方 STEP10 真の幸福な人生とは?



誰でもできる!! 「コーチング」をはじめる10ステップ

読むだけでコーチングマインドが身につくツイートやブログをLINE@でお届けしています。

下記のリンクから気軽に登録してみてください。

友だち追加