エネルギーを湧かせるのは簡単で難しい?!


エネルギーを湧かせるのは簡単で難しい?!

【コーチングで世界を創造する】杉本ワークスの杉本浩章です。


何かしらの病を患っている場合は別として、健康にも関わらず、エネルギーが湧かない、やる気が出ない、元気がない、モチベーションがイマイチなど、こういう状態を突破する方法はきわめて簡単、というよりはシンプルです。

本気でやりたいことを見つければいいだけです。

コーチングで言えば、「ゴール設定」をすればいいだけです。



しかし、このシンプルな方法、言うは易く行うは難しと言わなければなりません。


コーチングはまず、「ゴール設定」と「ゴール達成」の2つに大別されます。

恐らく多くの皆さんは、ゴール達成の方が、ゴール設定よりも圧倒的に難しいと感じるのではないでしょうか。

例えば、何かの壮大なる大成功のゴールを設定して、途方もないゴールであればあるほど、その達成は容易ではないはず、このように直観的に感じ、一方でゴール設定の方は、やりたいことを設定するだけでしょみたいな感覚だと思います。


確かに壮大なゴールであればあるほど、達成は容易ではないのは事実でしょう。

多くの時間とリソースを費やし、愚直に鍛錬や実行を続け、ゴール達成を目指していかなければなりません。

しかし、現実問題として、私自身の経験やクライアントさんの変化を観ていると、つくづく、ゴール達成よりもゴール設定の方が難しいのではないのか、そう思わざるを得ないのです。



ゴール達成は、少々乱暴な言い方をすれば、脳がゴールにきちんとロックオンさえしてくれれば、あとは時間の問題、無意識が勝手にやってくれます。

どのようなゴールであっても、どんなに途方もなく臨場感の湧きにくい、達成方法もまったく見えないゴールであったとしても、脳には志向性がありますから、次第にその外形なり達成方法が確実に見えてくるのです。「目的的志向」です。

ゴールの達成方法、ゴールを達成しているはずの自分の在り方を、無意識が勝手に見つけ出していってくれるのです。


アファメーションをどうしようかとか、どのような過程や順序で問題を解決していこうかなども、本当にやりたいこと、心から愛せるゴールさえあれば、不思議と解決していきます。

それは無意識が膨大なエネルギーを創出してくれるからなのですが、その根源も、ゴール設定さえきちんとできていれば、自然に湧いてくるのです。人間の誰もが生得的に備えている能力というか、マインドのカラクリです。

そういう意味で、ゴール達成は、あまり心配に及ばないのです。かなうのは、時間の問題です。


そんなことが本当にあるのかと思われる方、もし残っているのであれば、数年前にメモした、もしくは落書きでもした、「望んでいたこと、将来やりたいことなどのリスト」を引っ張り出して、確認してみて下さい。

そのほとんどが、かなっているはずです。



難しいのは、実は、ゴール設定の方なのです。

ゴールと言うのは、本当に見つけるのが難しい。

人間は今を維持したいという能力が非常に強力なため、そう簡単には、自身が心からやりたいと思える人生の壮大なゴールが見えてこないのです。


では、どうしたら見えたと分かるのかというと、「あっ、これだ」とある種の出会いの感動が必ずあるので、真のゴールに出会えれば、すぐに実感できます。

そして、ゴールが見えてくるためには、現状のコンフォートゾーンを思いっきりズラす、どんどんゴールの世界が見えてくるように、自己評価やセルフイメージを上げ続ける意識をもつことです。

すなわち、自分を卑下したり、自分はダメな人間なんだというセルフトークをやめ、自分は何でもできるすごい存在なんだと強く確信することです。


この確信の積み重ねこそが、自己評価を上げ続ける意識こそが、真のゴールの発見へと私たちを誘(いざな)ってくれます。

真のゴール設定ができてくれば、連鎖的に、その他の分野のゴールも、その輪郭を次第に現し始めます。

ひとつゴールができれば、脳はそれにロックオンし、エフィカシーが上がりはじめ、コンフォートゾーンが急激に変化するため、その他のゴールが見えやすくなるというのがカラクリです。

そうすれば、しめたものです。

人生はさらに加速度的に変化し、さらなる幸せへと向かっていきます。

本当に楽しいです!!


今日も最後までブログを読んで頂き、ありがとうございます。

2018年01月29日