大周天は難しい?!


大周天は難しい?!

【コーチングとヒーリングの融合】杉本ワークスの杉本浩章です。


気功や養生功を覚えたての頃は、大周天は難しいという話をよく聞きます。

慣れていないからと言ってしまえばそれまでですが、イメージ上で複雑な工程に、抵抗があるのでしょう。

その場合は、小周天から慣れていけばいいと思います。



養生功の基本的な考え方は、気を練り、循環させ、身体を浄化するものです。

ぷるぷる気功、站椿功(たんとうこう)、小周天など、気の練り方や意味合いは異なりますが、すべて気の循環による身体の浄化です。


水が淀めば水は腐っていくのと同様に、気も淀むと、腐るという言い方は少々違う感じもしますが、汚れていきます。循環によって、気や身体を浄化していかなければなりません。

(気の)運動こそが浄化の本質ということです。



大周天ができれば、小周天は必要ありません。

大周天は、小周天という身体内の気の循環に加え、気の球を宇宙に巡らせ、宇宙の気(秘伝の気)を取り入れるものです。秘伝功です。


苫米地理論でいえば、大周天は情報空間上の身体を大きくするものです。宇宙サイズという視点の高さを利用して視点を上げ、情報身体を大きくします。そうして、止観を大局的にできたり、高い視点から多くの物事を俯瞰して見たり、情報空間上の位置エネルギー(抽象度エネルギー)を利用できたりします。

被(かぶ)りから自身を守ることもできます。情報身体が大きくなれば、身体にかかる様々な負担や邪気などの影響を、事実上小さくすることができるからです。


関連記事:「被(かぶ)りを防ぐ技術」



小周天はまず、会陰(えいん)のあたりに気を練ります。肛門の前あたりです。ヨガで言うムーラダーラチャクラです。情報空間上の存在ですので、厳密な位置にこだわる必要はありません。

そして、息を吸いながら、練った気の球を10㎝上げ、球をより充実させます。充実させるというのは、気の球のエネルギーを1割増しにするイメージです。

息を吐くときは体をゆるめながら、球を5㎝下げます。

逆腹式呼吸をしながら、気の球を背骨の前に沿って上下しながら運動させ、おでこの内側(アジナーチャクラ)まで向かわせます。

その後は、顔、のど、胸、腹と体表内側に沿って、ムーラダーラチャクラに戻します。


これが小周天です。

気を循環させ身体を浄化・活性化し、また、下丹田やムーラダーラチャクラをより充実させます。

下丹田がしっかりすると、自信に満ちた、いわゆる腰の据わった安定感が出てきます。

よく、地に足がついていないとか、落ち着きがないとか、下半身がなんとなくフラフラしている印象を受ける人がいますが、下丹田の鍛錬が足りないのです。

下丹田は、身体の気全体の土台の役割を持ちます。これが低下すると、身体全体の気が低下したり、老化が早まります。気功実践者は、最も優先的に鍛錬すべきところになります。



小周天がきちんとできたら、大周天に挑戦しましょう。

大周天は、アジュナ―チャクラ(上丹田)までもってきた気の球を、おでこから外に出し、宇宙を巡らせ、秘伝の気を無限に得ようとするものです。

宇宙を巡らせた気の球は、再びおでこの内側に戻し、小周天の要領で、ムーラダーラに下ろします。


小周天も大周天も、慣れないと、なかなか難しいかもしれませんが、このような複雑な工程を駆使するからこそ、意識を集中させ(変性意識を深くし)、臨場感豊かに、しっかりと気を練ることができます。身体の気をきちんと循環させ、浄化をスムーズに行うことができます。

しっかりと養生功を実践し、自身の健康や、ヒーラーとしての役割に備えましょう。


今日も最後までブログを読んで頂き、ありがとうございます。

2017年11月22日