コーチングやヒーリングのための浄化


コーチングやヒーリングのための浄化

【コーチングとヒーリングの融合】杉本ワークスの杉本浩章です。


コーチングはゴール設定とゴール達成のためのマインドの技術です。

ゴール設定(バランスホイール)の中には、「健康」に関するゴール設定というものがあります。

もちろん、その中身は自身のWant-toに従って自由に設定すればいいのですが、コーチングがマインドに関する技術であるということは、脳や身体がフルにパフォーマンスを発揮できる状態でなければ、ゴール達成などはとてもできないことでしょう。

ゴールを達成するのは自分自身であり、それを可能にするのはマインドに秘められたクリエイティビティです。クリエイティビティが充分に発揮されるためには、健康に関するゴール設定と、その達成のための日々の積み重ねが大変に重要です。



気功ヒーリングにおいても、秘伝功(他人に対し自然の気によって働きかける技術)をより確実に行うためには、術者側の身体の気の充実や浄化が大変に重要になります。

前回のブログ(養生功ということ)にも書きましたが、術者が身体の浄化を疎かにしていては、外科医が汚い手でメスを握るようなものです。

秘伝功を学ぶ者というのは、ついつい秘伝功の技術や方法論などに目がいきがちですが、きちんと養生をしていなくてはなりません。

ですから私の気功講座で最初に学ぶことは、1.リラックス、2.臨場感(確信)、3.養生功という構成にしています。


コーチングもヒーリングも、どちらにおいても自身の養生は最も基礎の部分にあたるところです。



何かしらの健康に関するゴール設定をして、自身の身体をどんどん健康にしていくわけですが、私自身が日々行っている健康に関する実践を紹介してみたいと思います。

健康のゴールの一部と言いますか、サブゴールと言った方がいいのかもしれませんが、『徹底的な身体の浄化』というものを設定しています。

血液検査などでデータを取れば、数値化したゴール設定というのも可能なのかもしれませんが、家庭で手軽に血液検査の詳細データが手に入るわけではないので、「浄化にこだわる」というスタンスでいます。


ヒーラーとしては、施術される側に汚れた気や情報が向かってはいけないという思いも当然ありますし、コーチングにおけるゴール達成に向けて、なるべく早くゴール達成を実現したいという強い思いもありますから、脳をより活性化させるために、浄化にこだわっています。

それは、血液の浄化も含まれますし、心や思考、気の浄化もあります。

心や思考の浄化というのは、個々に設定されたゴールに対して、より集中するとか、セルフトークのコントロールと考えて頂ければいいと思いますし、気の浄化というのは養生功のことです。



加えて、私の場合、血液の浄化ということで日々実践していることが、飲み物をなるべく「きれいな水」にしているということです。

「水分補給はきれいな水から」です。


誰かと食事をしたり、カフェなどに行くときは、場を壊さないように、私もコーヒーなどを飲んだりしますが、それ以外のときは、水以外はなるべく飲まないようにしています。

きれいな水で身体を浄化し、血液をきれいに保ち、脳をよりパフォーマンスを発揮できる状態にしたり、クライアントさんに対してより浄化された気が向かうようにという思いでいます。


女性が美容のためにと、水分補給をきれいな水によって行っている人は多いと思います。

そうでない水分補給は、血液の浄化を行う腎臓に対しても負担をかけるでしょうし、より活発な新陳代謝や疲労物質・老廃物の除去のためにもならないでしょう。

だからといって無理して大量に水を飲もうとするのは返ってストレスになりますから、それはやりすぎだと思いますが、日々の水分補給をなるべく水だけにするというだけでも、相当の浄化になると私は考えています。


今日もブログを最後までお読み頂き、ありがとうございます。

2017年10月24日