アファメーションの効果、じわじわと。ダイエットに成功するために


アファメーションの効果、じわじわと。ダイエットに成功するために

【コーチングとヒーリングの融合】杉本ワークスの杉本浩章です。


私の懇意にさせて頂いている女性のひとりが、以前、「スタイルがよくなりたい、痩せてきれいになりたい」と言っていたことがあります。

世の中には、本当に様々で、多くのダイエット法が存在します。

運動やトレーニングを行う方法、食事療法、サプリ、各種断食、〇〇するだけで簡単ダイエット、ジム通いやパーソナルトレーナーなどなど。

体重に悩む方はほぼほぼ皆さん、何かしらのダイエット法に挑戦したことがあると思います。



体重というのは、何によって決まっているのでしょうか。

単純です。


一日の摂取カロリー > 一日の消費カロリー ⇒ 太る

一日の摂取カロリー = 一日の消費カロリー ⇒ 現状維持

一日の摂取カロリー < 一日の消費カロリー ⇒ 痩せる


そして、一日の消費カロリーは、基礎代謝 × 1.2(活発ではない人)~ 1.7(活発な人)が目安になります。

基礎代謝とは、何もせずじっとしていても、生命を維持するために必要なエネルギーのことです。その基礎代謝量は、以下の計算方式が知られています。


男性の場合
基礎代謝(kcal) = 10×体重(kg)+6.25×身長(cm)−5×年齢+5

女性の場合
基礎代謝(kcal) = 10×体重(kg)+6.25×身長(cm)−5×年齢−161

The Mifflin, M.D. St Jeor formula(1990年)



身長170㎝、体重65㎏、30歳の男性であれば、一日の基礎代謝=10×65㎏+6.25×170㎝-5×30歳+5=1567.5kcal

活発な人の一日の消費カロリーは、1567.5kca × 1.7 ≒ 2660kcal

そこそこ活発な方は、1567.5kca × 1.5 ≒ 2350kcal

活発でない人は、1567.5kca × 1.5 ≒ 1880kcal

が目安になります。


要するに、ダイエットをしたいのであれば、一日の摂取カロリーを減らせばいいだけなのです。



しかし、これが大変に難しいと思われているのです。食べる量を減らそうにも、我慢できなくなったり、ついつい無意識に食べてしまったり、一旦は食べる量を減らしてダイエットに成功したとしても、そのあと気を抜くとまた食べてしまい、結局元どおりの体形や体重になってしまうという具合です。リバウンドです。


この現象はコーチングでおなじみの、「コンフォートゾーン」です。

コンフォートゾーンとは、その人にとって居心地の良い空間や領域のこと。マインドの中には、その人固有のコンフォートゾーンというデータが記憶されています。

体重が65㎏というコンフォートゾーンの人は、徹底的に、その体重が、体温を維持するかのように、保たれます。


体重55㎏がコンフォートゾーンの女性がいて、50㎏を目標にダイエットに励み、運動し、筋トレし、食事の量を減らして努力をしたとしても、最終的には必ず、元の体温55㎏が維持されます。

途中で運動や筋トレが嫌になってしまったり、ついつい余計に食べてしまったり、ダイエットに関わるモチベーションがなくなってしまうのです。

これは意志が弱いからではありません。人間の生得的なマインドの働きなのです。


関連記事:「コンフォート・ゾーン コーチングを理解しよう STEP4」



マインドの中の、コンフォートゾーンを書き換えない限り、ダイエットに成功はしません。

コンフォートゾーンを書き換える方法はいくつもあります。最もやりやすい方法のひとつは、「アファメーション」でしょう。


私は冒頭にご紹介した女性に、「私はきれいでスタイル抜群、どのようなところでも自信をもって堂々と、出歩くことができる」みたいなアファメーションをしてみたらとアドバイスしました。

確か1年半くらい前の話だったと思います。

そして、昨日本人が口にしていましたが、「最近自然に痩せれたし、夜(夜ごはん)は抜いているんだけど、つらくないし、それほど食べたいとも思わない」と。

コンフォートゾーンやマインドが書き換わっている証拠ですね。


一年半前にアファメーションをはじめて、もしかしたら本人なりに、納得のいく素敵なアファメーションをしていたのかもしれません。秘密裏にアファメーションを開発していたのかもしれません、笑。そうしてスコトーマが外れ、何かしらのきっかけや出会いがあったのかもしれません。

いずれにしろ、根底に、マインドの中での変化があるのです。

彼女はいまも、アファメーションは大切に行っているそうです。


皆さんも、素敵な秘密のアファメーションを開発していって下さい。くれぐれも、開発したアファメーションは、コーチを除いて、他人に見せてはいけません。

ドリームキラー(夢を邪魔する人のこと)が現れるからです。



All meaningful and lasting change starts on the inside and works its way out.
Lou Tice

すべての意味ある永続的な変化は内側で起こり、外側へと広がっていく。
ルー・タイス(コーチングの創始者)



ルー・タイス 著 「アファメーション」

ルー・タイス 著 「アファメーション」 フォレスト出版


今日もブログを最後までお読み頂き、ありがとうございます。

2017年09月01日