女性を輝かせたいと思ったら


女性を輝かせたいと思ったら

【コーチングとヒーリングの融合】杉本ワークスの杉本浩章です。


コーチングやヒーリングなどを生業にしていれば、相手の人生を輝かせたい、相手に実りある人生を送ってほしいと願うのは当然のことだと思います。

男性に対しては、「輝きある人生に」という言い方はあまりしないかもしれませんが、女性に対してはぴったりの表現だと思います。


コーチングでもヒーリングでも、その他の様々なカウンセリングや自己啓発でもいいですが、女性を輝かせたいと願ったとき、どのようなアプローチを取ればいいのでしょうか。

これは私のようなコーチングを生業とする者にとっての、一大テーマだと確信しています。

私自身、気功をやっていたときも、ずいぶんとこのテーマに悩みました。



私が到達したひとつの答えとしては、「女性が本能的に求めているものを得る、後押しができればいいのではないか」と考えています。


女性が本能的に求めているものとは何でしょうか。

「美」です。

私は女性ではないので、女性心理はよく分からないのが本音ですが、女性は概して、何事においても、「美意識」を重んじる傾向があります。

その最たるものが、「恋愛」でしょう。女性は誰しも美しく、輝きある人生と恋愛に憧れるでしょうし、それは出会いにおいても、その後の関係性においても、共通して言えることです。

女性にとって、「美」は、人生を輝かせる最重要項目のひとつとなるでしょう。


「ダイアモンド」と「水晶」、どちらがいいですかと女性に尋ねたら、全員かどうかは分かりませんが、多分ほとんどの人が「ダイアモンド」と答えると思います。

なぜでしょうか。

恐らく、ダイアモンドの方が水晶より、光の反射や虹色のかがやきなどの点で、美しいからです。

本能的に美を求める女性は、本能的に美しい方を選びます。もしかしたら、希少性や値段に対する憧れなど、その他の要因も複雑に絡まっているのかもしれませんが、どちらの方が美しいかという視点は、確実にあると言えます。



「お洒落」にしたってそうです。

女性は本能的にお洒落です。お化粧であったり、服であったり、アクセサリーやバッグ等の持ち物や身の回りの環境など、場合によってはエステに至るまで、一生懸命にお金をかけ、自らを磨き、美を追求しようとします。

その追及心と意識の高さは、男性側からすると、尊敬に値すると思います。


男性の場合は、芸術品などの美しいものやお洒落に興味のある人もいますが、あまりそこにお金や意識を向けない人も多いですから、本能的にそれらを求めているとは言えないでしょう。私は男ですから、そこは自信をもって言えます。

「美意識」については、男女差がかなりあるということです。


女性にしても、「美」の中に見出すものにはかなりの個人差があると思われます。人間皆、人それぞれですから、当たり前ですね。

「清楚感」に美を見出す人もいるでしょうし、「可愛い」なのかもしれません。



もし女性を輝かせたいと願ったならば、女性が本能的に求めているもの、つまりは何らかの美しさを後押しすることが秘訣だと思っています。

それはコーチングであったら、バランスホイールの中にそのテーマを見出すことができますし、気功であれば、何らかの「輝きある情報」を気に乗せてあげればいいのです。


関連記事:「バランス・ホイール コーチングを理解しよう STEP8」


この、女性に対する「美」の視点というのは、女性の人生を輝かせるうえで、ひとつの奥義となり得ると考えています。

女性を喜ばせたい男性陣の皆さま方、この「美」という視点で、相手に思いやりをもって優しく丁寧に接することを心がけましょう。

人間関係が劇的によくなるに違いありません。


関連記事:「信頼関係の構築 ハイパー・ラポール理論」


今日もブログを最後までお読み頂き、ありがとうございます。

2017年10月02日