杉本ワークスのゴールの更新


杉本ワークスのゴールの更新

【コーチングで世界を創造する】杉本ワークスの杉本浩章です。


私自身、コーチングの実践のおかげで、感動と興奮、そして刺激に満ちた毎日、マインドの変化を実感しています。

ありがたいことです。


コーチングを知らなければ、私は間違いなく、マンネリ化したつまらない日々を送っていたことでしょう。

コーチングとの出会いがなかったことを考えると、ゾッとしてしまいます。



コーチングを知る前までは、私は実家の割烹料理屋を継ぎ、経営と調理をこなす毎日を送っていました。

私はその仕事に、正直、何の興味も、Want-toも感じていませんでした。

それでも実家を継いだのは、他にやることがなかったのと、「お前がやらないで誰が会社をやる?、従業員はどうなる?」などと周りや親戚からの心理的圧力があったからです。

「しなければならない」という、コーチングにおいて大変よろしくないモチベーションとメンタルで、日々を過ごしていました。

本当に本当に、つらかったです。。



自身や会社の構成員のモチベーションを何とかしようと、自己啓発や心理学などの本を探し回ったり、読み漁ったりしていました。

そしてあるとき、何の本かは忘れてしまったのですが、苫米地博士の本に出会い、コーチングを知り、最初はついつい我流に陥ってしまいながらも、少しずつコーチングを実践していきました。

最初は何も分からず、本を読むだけでコーチングを実践していたので、よく分からなかったり、誤解が生じたり、スコトーマも当然あったりと、自身の思い込みで間違った方向に行きがちなのは、ある程度、仕方のないことかもしれません。


人は、文字を読んでいるつもりでも、正確に読めていないものです。スコトーマの原理です。

我流というか、自身の信念(belief system:ビリーフシステム)というフィルターを通して、人は物事を認識していますから、前述した「ある程度、仕方のない」は誰にでもあるのです。

読書における、最大の弱点と言えるでしょう。



それでも継続していけば、学びは深まり、次第に誤解がなくなっていき、真実に一歩一歩近づいていくものです。継続は本当に大事です。

コーチングを10年愚直に実践したら、目の前の世界が180度ひっくり返るくらいに、人生は変わると思います。

いや、10年もかからないでしょう。


私はゴール設定をし、そして気づいたときは、割烹料理屋を辞め、コーチングを生業とする道に進んでいました。



最近も、変化の絶えない、刺激に満ちた人生を送っていくことができて、毎日が本当に楽しいですし、幸せです!!

随分と価値観やマインドも変わりました。


今、自分の中で一番盛り上がっているのは、「お引越し」です。

都心の一等地にあるタワーマンションへ移るべく、準備を進めています。

もちろんそれは、そういうところに住みたいというゴールが、以前からあったからです。

ゴール設定恐るべしです。


引越しに向けて、色んな人に会っています。

不動産や家具のプロ、コーチングのプロ、風水や気功のプロ、金融のプロの方々などに直接お会いし、コンサルを受け、最高の引越しになるようにと思っています。

そうして行動ができるのも、マインドがクリエイティブに働いてくれるのも、コーチングのおかげですし、ゴール設定のおかげです。

コーチングという知識は、私の人生において、家宝みたいなものですね。


コーチングをつくり、育て、広めていってくれている方々への感謝の念に堪えません。

ありがとうございます。



引越しが決まってから、なにやら私のマインドは、たくさんの計算と変更を頭の中で実行している模様です。

そしてなぜか、自身の会社のゴールを更新しようと思い至りました。



杉本ワークスのコーポレート・ゴール


・ 全人類が自由に羽ばたける世界の実現

・ 全世界の国家・組織・人々をより感動と興奮に満ち溢れた美しい世界に導く

・ 全世界の国家・組織・人々の財政をより豊かに、健全化する



今後とも、杉本ワークスをどうぞよろしくお願い申し上げます。

杉本浩章

2018年06月05日