小周天の秘密?!


小周天の秘密?!

【コーチングで世界を創造する】杉本ワークスの杉本浩章です。


小周天の在り方、意味合いについて考えてみます。


ますはやり方からです。

尾骨付近にイメージで気の球を練り上げます。私はドラゴンボール世代なので、「元気球」をついついイメージしてしまいますが、そんなエネルギーの球を尾骨の先あたりにつくります。


そしたらその球を、背骨に沿って、呼吸に合わせ上下させます。

息を吸うときは球を10cm上げる。

息を吐くときは球を5cm下げる。

加えて、息を吐くときはなるべくリラックスします。

息を吸うときというのは人間はほおっておいてもリラックスしやすいものです。しかし、息を吐くときは力みやすい。なので、息を吐くときに意識して身体をゆるめるようにします。

気功をやるときは、身体を徹底的にゆるめなくてはなりません。気功は、情報場や生命場に対して意識を集中し、その世界の臨場感を徹底的に高めて、書き換えを行います。

目の前の物理空間世界に臨場感を感じているようでは、思考の世界や情報空間の臨場感は下がってしまいます。徹底的にリラックスし、臨場感を物理空間から切り離さなくてはなりません。そうして深い変性意識(トランス、意識集中状態)に入りたいのです。


球を背骨に沿って呼吸に合わせながら上下させ、球が頭のてっぺんまで来たら、おでこ(の内側)までもっていき、そして額(ひたい)の内側、のど、胸(の内側)、お腹(の内側)と下ろしていきます。

最後に、球を尾骨の先端付近まで戻します。


この気の球の循環を何回か行っていくのが、「小周天(しょうしゅうてん)」です。



こうした小周天の解説をすると、大抵頂く質問があります。


ひとつ目。

どうして背骨に沿って球をわざわざ上下させるのか。なぜそんなに複雑な工程をわざわざ行うのか。単に球を上げるだけではダメなのか。


答えは、ダメではないですが、小周天の効果が激減してしまうことです。

気の球を背骨に沿って上下させる理由です。それは、脊髄(せきずい)を活性化したいのです。

背骨の中には、脳と体全体をつなぐ神経束が大量に詰まっています。

この神経伝達がスムーズであればあるほど、人間はどんどん健康になるし、IQや身体能力も含め、人としての存在、パフォーマンス全体がどんどん活性化します。脳と内臓や各細胞との連絡がスムーズかつ強固になるのですから、当たり前と言えば当たり前ですが、その連絡に滞りがあると、人は自己治癒力や潜在能力が十分に発揮されません。


ヨガの階梯(かいてい)の中には「クンダリーニ覚醒(クンダリーニ・ヨガ)」というものがありますが、「クンダリーニ」とは身体の秘めるエネルギーのことであり、精力(性力)のことでもあります。

その本質は、背骨に眠るエネルギーの活性化であり、そのエネルギースポットのことを「チャクラ」といいます。クンダリーニなりチャクラなりを開発することができれば、それは強大な身体能力の開発や脳力開発になることを古代のインド人はなぜか知っていました。

実際にクンダリーニ覚醒を行うと、運動・意欲ホルモンである中枢神経系に存在する神経伝達物質「ドーパミン」が放出されるようになります。

ですから事実上、背骨の開発というのは、身体能力やIQの開発となり、それを現代科学的視点でみれば、「脊髄の活性化」と解釈することができます。

脊髄が、事実上のドーパミン経路と見なすことができるし、その効果を古代のインド人は経験と知恵からなのでしょうが、知っていたということになります。


背骨や脊髄を活性化する方法は、気功的にはアルゴリズム(情報場操作の手順)の生成の仕方によって無数に存在することになるでしょうが、最もシンプルなのは、「気を流す」ことです。

気とは、「生命エネルギー」のことであり、そのエネルギーの球のことを「気功球」といいます。

気功球を丁寧に背骨に移動してやれば、背骨にたくさんの気が流れます。

その丁寧さの表現方法のひとつが、「気の球の上下運動」だったわけです。

背骨に気功球を上下運動させてやれば、脊髄の活性化には非常に効果的でしょうし、それが小周天の正体です。小周天は、きわめて効果的な健康法かつ、能力開発法なのです。



もうひとつ、よくある疑問ですが、球を体の前面内側に沿って下げる理由についてになります。

背骨や身体の中心などではなく、体の前面に沿って下げる理由、それは、身体内部全体の中で、なるべくダイナミックに気を循環したいのがその理由です。


気の循環とは、それはすなわち、身体の浄化を意味します。

気が循環することによって、気とは生命エネルギーですから、気が血を呼び、エネルギーが代謝を促し、免疫作用や身体のあらゆる浄化作用が活性化します。平たく言えば、気の循環は身体をきれいにするのです。

それは水の循環が、水を浄化させるようなものです。水の流れが止まり淀むと腐る一方で、循環は浄化作用をもちます。


そうすると、なるべく大きな絵でダイナミックに気の循環を促せば、浄化作用が身体全体におよび、広がり、より洗練された形で身体の浄化作用が期待できるという見方です。

小さな循環で局所的な浄化作用を期待するのではなく、なるべく全体的でダイナミックな気の循環をやりたいのです。


そのひとつの答えとして、気の球をよりダイナミックに体の内部で移動させたいので、体の最も後ろ側である背骨に沿って球を上げていき(脊髄活性化のため実際は背骨の中心を上下運動)、体の最も前側に沿って球を下げるという、大きな絵で気の球の循環・移動をさせます。

こうすれば、気の循環がダイナミックに行えますし、浄化作用もより洗練されます。


小周天は、こうして見てみると、科学的にも非常に理にかなった効果的かつ機能的な方法論として、大変優れた養生功・健康法ですし、能力開発法でもあります。

ロジックや理論、背景を知って小周天をきちんと実践すれば、より確信をもって、楽しく続けることができると思います。


関連記事:「大周天で龍を目覚めさせよ!!」

2018年03月28日