趣味とセルフトーク


フランクミュラーのトゥールビヨン、銀座SIX2階の店舗にて

写真はフランクミュラーのトゥールビヨン、銀座SIX2階の店舗にて



【コーチングで世界を創造する】 杉本ワークスの杉本浩章です。


コーチングを実践していると、ついつい気になるのが「セルフトーク」ですよね。

簡単に言うと、セルフトークがセルフイメージを形成し、セルフイメージどおりの人生を送るのが人間の脳のカラクリ。

もちろん、脳内の自分像であるセルフイメージを形成するのはセルフトークだけではありませんが、セルフトークが最も強い影響をセルフイメージに与えるとコーチングでは考えられています。



「セルフトーク」について詳しくはこちら



セルフトークのコントロールのポイントは2つあると思っています。

本質的には1つなのですが、2つに分けて考えると分かりやすいということです。


本質的には1つというのは、コーチングの場合、セルフトークのコントロールの仕方は決まっていて、『セルフ・トークはすべて、ゴールに対して肯定的な表現や言葉に変えていく』ということです。


ゴールを設定し、それを達成するためには、セルフイメージをゴールに合致したものにしなくてはなりません。

そして、そのセルフイメージを形成するのはセルフトークなのですから、セルフトークをゴールに見合ったものにしなくてはなりません。



コーチングの創始者であるルータイスの、セルフトークに関連する言葉をいくつか引用してみましょう。


「自分に語りかける言葉は注意深く選んでください。自分との対話によって、何かに向かわせることも、引き離すこともできます」


「言葉が人生を決定する」


「潜在意識は、超高性能テープレコーダーのようなものだ」


「自分と話すときには、つねに現状の世界がどうなっているかを自分自身に告げています。認識し経験したことを解釈し、思考を通して頭の中にイメージをつくり上げます。その中にはセルフイメージも含まれます。自分自身の思考と言葉で、自分のための環境と限界と基準をつくりだしています」



ルータイスは人生をより良くするうえで、非常に重要で本質的なことを述べています。

私自身も日々、ルータイスの言葉は、何度も何度も人生のバイブルのように、肝に銘じるよう努めています。

コーチングを創った、自己啓発の世界最高権威であった人の言葉、心に染み渡ります。



セルフトークのポイント2つ目ですが、それは本質的には1つ目と同じことを言っていますが、『ネガティブなセルフトークを発しない』ということです。

ゴールから遠のくような、ゴールに対して否定的な言葉は厳禁です。


身の回りの人のセルフトークをよくよく観察してみてください。

言葉は悪いですが、本当にひどいものが蔓延しています。決してそれらに耳を傾けてはいけませんし、もちろん自分も、それらの言葉を受け入れてはいけません。


ルータイスも言っています。

「どうしたらあなたや子供たちにとって、より価値ある人生になるでしょうか? ネガティブな刷り込みに抵抗することを学ばなければなりません」、と。



ネガティブな言葉を発しないための訓練や工夫というのは、コーチングを実践するうえで不可欠です。

皆さんは普段、どんな工夫をされていますか?

もしいい方法があったら、私にもぜひ教えてください!!



そんなセルフトークのことを日々考えていたあるとき、思い立ったことがありました。

私自身は、コーチングを学ぶ前、人生で一番セルフトークが自然にポジティブだったときって、いつだっただろうかと。


一番に思いついたのが、高校2年生の頃、マリンアクアリウム(海水魚・サンゴ飼育)にハマっていたときだったことを思い出しました。


当時の自分に、セルフトークのコントロールのスキルも、コーチングの知識も、もちろんありません。文字通り、「自然に」セルフトークがポジティブだったのです。

理由は単純で、趣味に夢中で、ネガティブなセルフトークが出てしまう隙(スキ)が無かっただけのことです。

今思い返してみれば、この頃が最も自分にとって学生生活が充実していましたし、成績もよかったように感じます。彼女もきちんといました(笑)

まったくの偶然ですが、セルフトークがとてもポジティブだったのです。

趣味の力ですね。



そうと分かれば、今の自分も、よりセルフトークをポジティブにすべく、再びマリンアクアリウムを敢行しないわけにはいきません!!

どうも自分には、セルフトークポジティブ化計画のためには、マリンアクアリウムがとても効くようだからです。


そんなわけで、とりあえず1つ、水槽をセッションルームに置いてみました。


マリンアクアリウム

写真は設置して10日目の段階です。まだ水質立ち上げ中なので、底砂と岩しか入っていません。

立ち上げ1~2週間では、茶色いコケが出やすくなりますので、アップの写真は控えておきますね。

もう1週間くらいすると、コケは次第にひいて、水はよりきれいにピカピカになっていくはずです。そして、2カ月も経てば水質は安定し始め、サンゴもどんどん入れていく予定です。

これからが楽しみです。



ちなみに、水槽を設置してくれた「東京サンマリン」さんのオフィシャルブログで、ご紹介いただきました。

記事はこちら



我々、「現状の外側」組としては、2メートルくらいの水槽を置こうと思ったのですが、床下の床暖房の関係で、とりあえず重量500kg以下に抑えておいた方がいいという建築会社のアドバイスにより、今回は90cmサイズになってしまいました。

久々のマリンアクアリウムの練習ということにしておきます(汗)


次の巨大で最高に美しいマリンアクアリウムのゴール設定が私にあることは、言うまでもありません。でもその場合、家の構造から考えていかないといけませんね。。



趣味のゴール設定、とても大切です。


皆さんも、ゴールの世界の自分が、

・ やっていることリスト

・ 持っているものリスト

・ 趣味のリスト

・ 旅行先のリスト


などを書いておくといいと思います。ゴールの世界の臨場感が高まりやすいです。



私の例で言えば、今、自分の中でもうひとつホットな趣味は、「カメラ」です。

はじまりは、去年の春頃、銀座SIXでウインドショッピングしていたら、5階に「ライカ」のカメラ売り場があって、勢いで入門機を一つ買ったら楽しすぎて、どうしてもライカの一番いいカメラが欲しくなりすぎて、買ってしまったという、子供みたいな流れです。


ライカM10本体と35mm f1.4レンズ

ライカM10本体と35mm f1.4レンズ



私の場合、「持っているものリスト」にライカM10とレンズの幾つかを書き留めていて、4ヶ月目くらいには、持っていましたね。

これで海外旅行とか行ったら、とても楽しいと思います。


皆さんもよろしかったら、そんなビジュアライゼーションをしてみてください。




【アファメーション文例】


私はゴール世界の自分にふさわしい魅力的な(前向きで建設的な)思考や言葉だけを使っている。ゴールに対して肯定的な映像・言葉・感情だけを発している。


私はゴール世界の臨場感を維持している。リアルなアファメーションをつくり、ビジュアライゼーションによって、心の中に望む世界の鮮明な映像を描いている。ゴール世界に浸り切っている。


私は人生は楽しく面白く、幸運で、成功と豊かさに満ち溢れたものと決心している。


2019年04月22日