西伊豆に行ってきました!!!&セルフトークの精密さ?!


堂ヶ島と私

【コーチングとヒーリングの融合】杉本ワークスの杉本浩章です。


土日は西伊豆の方にドライブ&温泉に泊りがけで行ってきました。

ずいぶんとあたたかく過ごしやすい陽気になってきて、ドライブや旅行には打って付けですね!!

以下の写真4枚は「堂ヶ島(どうがしま:静岡県賀茂郡西伊豆町)」周辺


堂ヶ島周辺
堂ヶ島周辺
堂ヶ島周辺
堂ヶ島周辺


山道を車で走るだけでも絶景が楽しめる伊豆ですが、ほかにも、伊豆は本当にお魚が美味しいです!!!

イサキの刺身定食

写真は「イサキの刺身定食」、1,080円と大変リーズナブルなのですが、東京ではほとんど食べられないほど、本当においしいこと、美味しいこと。。

鮮度の良さと地域柄なのでしょうね。われわれ都会人としてはあり得ないコスパの良さです。そんなお食事処が海沿いの道を走っていると、たくさんあります。


途中、ところてん屋さんに寄ったり、刺身定食を堪能したり、断崖絶壁の景色を楽しんだり、伊豆は相当に面白い場所です。



私達が最も楽しかったのは、「堂ヶ島クルーズ」。

写真のようなダイナミックな地形が堂ヶ島にはたくさんあって、1,200円でクルージングが楽しめます。


堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ
堂ヶ島クルーズ

洞の中には源頼朝が逃れ隠れたとされる鎌倉洞窟もあり、 そのまま鎌倉につながっているという言い伝えもあるそうです。



堂ヶ島は、「トンボロ現象」でも有名です。

トンボロ現象とは、普段は海によって分け隔てられた島と陸が、引き潮によって陸続きになることです。

私達が堂ヶ島に着いた時間帯がちょうど引き潮で、間近で楽しめました。


トンボロ現象
トンボロ現象

堂ヶ島の三四郎島

堂ヶ島の三四郎島



伊豆諸島という場所は、数十~数百万年前に、海底火山によってできあがった地形が、フィリピン海プレートによって本州側に近づき、やがてぶつかり、そしてさらに押し付けらることによって盛り上がり、できあがった地形だそうです。

そのあとも火山の噴火などもあって、そうして、今のような不思議な断崖絶壁がたくさんあるとのことです。


以下の写真3枚は「黄金崎」


黄金崎
黄金崎


コーチングのお話をせねば。。


東名高速道路を走っていて、前の車が、その前の車にぶつかってしまったのです。

軽い渋滞のなか、ノロノロ運転が続いていたのです。


助手席に乗っていた彼女がふと言いました。

「こんなノロノロ運転じゃ、ちょっと気を抜くとぶつかっちゃうね~」


皆さん、分かりますか、このセルフトークの危険さが。



私が20代前半の頃、若気の至りで、「事故を起こすやつの気が知れない」と思っていたものです。

怖いもの知らずの若い頃の言葉ですが、考えてみると、この頃、まったく事故を起こしたり、車をこすったりは皆無だったことを思い出しました。


そして、齢を重ねて、少しは社会のことが分かってきて、共感的にもなり、「事故くらい、人間なんだから、たまには起こすよな~」と思うようになりました。

そして、実際に自分も、大きな事故ではないですが、たまに車をぶつけたり、こすったりするようになりました。


セルフトークの良い悪いは別として、物事は本当に言葉通りになるものだな~と、つくづく彼女の言葉を聞いて、改めて思いました。

若気の至りの言葉も、社会人としては未熟でも、車の事故は防いでいてくれたわけです。

複雑な心境になりますね。。

日々、言葉は大切にしたいものです。


ということで、「伊豆」はおすすめです!!!

2018年05月14日