未来の予測とゴール達成の不思議?!




【コーチングで世界を創造する】 杉本ワークスの杉本浩章です。


今までに何度かゴール達成の感覚について書いた記憶があるのですが、ゴールというのは叶えるものではなく、叶うものという感覚です。

ゴールを設定すると、どうも私達というのはゴール達成を急ぐようです。

早く叶わないか、どうしたら早く叶うのか、なるべく早く叶えたい、最速最短で叶えるための方法や具体論を見つけたい。


もちろん私もそのような気持ちは持っています。なるべくゴールを早く叶えたいです。

しかし、今まで私が達成したゴールというのは、達成の感覚を思い出してみると、頑張って、そのために思いっきり努力し続けて、やっとこさっとこ達成したという感覚とはだいぶ違います。

どちらかというと、ゴール達成を目指しているうちに、いつの間にか叶っていたなという感じなのです。



コーチングの場合、ゴールは現状の外側です。サブゴールなどはそのような制約はあまりないのですが、ゴールは基本、現状の外側です。

ということは、例外もあるかもしれませんが、ゴール達成への道筋は長期戦になる可能性が大きくなります。

もしすぐに叶ってしまうようであれば、それは現状の外側のゴールとは言えないでしょう。


長期戦になるような、遠く高いゴールです。

なので、急いで努力し続けて叶えるとか、なんとか頑張り続けるとか、そういった力みを伴うような感覚だと、どうしてもゴール達成に向けての努力が続かない。嫌になってしまうのです。


そもそもがコーチングの場合、ゴール達成は頑張るものでもなければ、力んで踏ん張ってやるものでもありません。

マインドをゴール達成に向けて適切に変えていき、自然で無理なく無意識にゴール達成を促すものです。その意味では半自動的な感覚さえあります。

その延長線上にゴール達成が存在し、それゆえ、ゴールは叶えるものではなく、叶っていくという感覚なのです。



こういったゴール達成の感覚ですから、焦りも必要ありません。ゆっくりできることを積み上げればいいだけです。ゴール設定して、見えたことを着実にこなすだけです。

もちろん、適切なアファメーションもやります。


焦りは返って逆効果です。そのネガティブな感情や思考、意識状態ゆえ、エフィカシーが下がるからです。自身のセルフトークを観察すれば、容易に分かることです。

皆さんの人生経験の中に、焦って良い結果が出たことがあったでしょうか。

急ぎ続けて成功を収めた経験があるでしょうか。

あったとしても、ほとんどなかったのではないかと思います。


実際、多くの人がそういうものです。

焦らず、じっくり取り組めばいいのです。

現状の外側のゴールなのですから、腰を据えて、長い目で見て、それが正解なのです。


すぐに結果を出せずに、落ち込んで、エフィカシーを落として、そんな必要はコーチングの場合はそもそもが必要ないのです。

コーチングで最も大切なことは、エフィカシーを高めることです。



現状の外側のゴールですから、今の自分からは全く予想できない世界です。

よく、「未来予測」なんて言葉を聞きますが、不可能ですし、無意味です。

数学的に言ったら、不完全性定理が全宇宙に対して成り立つことが証明されている現代です。要するに、どの様な事象や系においても、証明不能なランダム性が入り込むということです。

完全な未来予測などありません。


経営学者のピーター・ドラッガーも言います。

「未来について分かっている唯一のこと、それは現在とは違うということだ。未来を予測しようとすることは、夜中にライトをつけず、後ろを見ながら田舎道を運転するようなものだ。未来を予測する最善の方法は、それをつくることである」‬


まさにこの言葉は至言だと思いますし、コーチングそのものです。

未来は予測するものではなく、創造するものです。

「創造」という言葉があまりにも壮大すぎるというのなら、コーチングではシンプルに「ゴール設定」と言います。



私達は、現状の外側のゴール設定をすることで、世界を創造できます。

逆に言うと、それでしか創造は生まれません。現状の内側ばかりを見ていたら、達成可能そうな目標ばかりを目がけていたら、マインドは現状の内側世界しか見ようとせず、未来は過去の延長にしかなり得ず、創造は生まれません。


企業が何かしらの目標を立てようとしたとき、それが現状の内側を超えるようなものであればあるほど、創造的であればあるほど、必ずドリームキラーが現れます。

特に、経理部などはそれが起こりがちです。

そんな無謀な戦略や目標を立てて、叶うはずがない、いくらお金がかかると思っている、過去のデータを見ろという具合です。

過去のデータを見せられると、それがとても説得の材料に感じ、私達の心は折れてしまいそうになります。それくらい、私達は過去のデータに弱いのか、過去を肯定したがります。ホメオスタシスゆえなのでしょうか。


言うまでもないことですが、これはコーチングとしてはあってはならないことです。

コーチングは、「過去は関係ない」というスタンスを取ります。

現状の外側のゴール設定なのですから、当然と言えば当然なのですが、過去のことなどを考えていたら、現状の外側のゴール設定などとてもできません。


私達コーチング実践者は、ドリームキラーの言うことに耳を貸してはいけません。ゴールは言わないに限ります。

現状の外側をどんどんゴール設定し、未来をどんどん創造していきましょう!!

それこそが、本当の意味での未来予測なのです。

2018年11月29日