自己充足的予言の上手な使い方


自己充足的予言の上手な使い方

【コーチングで世界を創造する】 杉本ワークス MIND Over The NEXT!!


「自己充足的予言」という考え方が、コーチングには存在します。

朝起きたときに、「今日はいい日になるぞ」と思うと、実際にそのとおりになります。

「今日は悪い日になるぞ」と思うと、本当にそのとおりになってしまいます。


これは「スコトーマの原理」です。

人間は言葉を発すると、その言葉どおりの人生を歩みますが、それはその言葉によって自我を築き、セルフイメージを形成し、それに合致したものはよく見えますが、合致しないものはよく見えなくなるからです。


関連記事:「スコトーマとRAS 誰でもできる「コーチング」のはじめ方 STEP3」


「今日はいい日になるぞ」と思うと、悪いことに対するスコトーマが生まれて、悪いことが見えなくなります。そうして、その日は必ずいい日になるのです。

「今日も悪い日になるぞ」みたいに考えると、良いことに関するスコトーマが生まれて、良いことが見えなくなり、その日は必ず悪い日になります。


これが「自己充足的予言」です。



こうしたことを踏まえて考えてみると、人生において、いかに思考の向かう先や言葉の使い方が重要であるのかを、認識させられてしまいます。

「今日はいい日になる」と思うだけのことで、その日の充実度や幸福感、感情の方向性が大きく左右されてしまうのですから、言葉のもつ重要性を無視するわけにはいきません。


言葉遊びのように感じられる方もいるかもしれませんが、実際に言葉を変えるだけで、その人の人生や感情が激変してしまいますから、そして、それによって周りの人や家族も相当に大きな影響を受けてしまうのですから、言葉のもつ力は偉大です。

言葉によって、本当にその人自身や周りの家族の人生までをも、変えてしまうのです。

もしネガティブな言葉を発して、ネガティブな感情に苛まれ、そしてそれが周りの人を不幸にすることだって大いにあり得ます。

このことはしっかりと考えておかなければいけません。



この「自己充足的予言」は、コーチングを知っている方たちにとっては、わりとよく認識されている事実です。

スコトーマの原理を学ぶと、当然の帰結として、認識されることだからでしょう。


しかし、これを上手に使う人は、意外と少ないように思います。

ロジックややる内容自体は容易なものです。

ただ、実践し続けることが難しいようなのです。というより、日常を過ごすうちに、自己充足的予言の実践が忘れ去られてしまうのでしょう。

ここは、工夫が必要です。



人間は、重要なことは書いておいた方が、よりよく生きることができます。単に、忘れないように、というだけのことです。


人間のマインドは、「現状維持」が基本に動きます。無意識にとっては、自身を安泰にするために、変化を拒むのです。生命の進化のひとつの帰結のようです。

人生に大きな変化をもたらすものは、無意識は、私達の認知から外そうとします。それは、より素晴らしい人生の営みや変化を、私達の目の前から消してしまおうとすることも含まれます。

ですから、コーチングのように人生に大変革を起こすものや知恵などは、書き留めておくことが重要です。

ゴールもそうですし、アファメーションもそうです。



自己充足的予言を上手に使いたいのであれば、それも書き留めておくことが効果的です。

具体的にどうするのかというと、以下のようなアファメーションを使うのです。


私は毎朝スッキリ清々しい気持ちで朝を迎え、「今日も素晴らしい一日になる」と予感し、1日をスタートさせている。そして毎晩、「明日も素晴らしい一日になる」と思い描き、眠りについている。



今日もブログを最後までお読みいただき、ありがとうございます。



自由意思で自らの人生を選択していく、マインドを更なる高い次元へと誘う、認知科学に基づいたコーチング 【コーチングで世界を創造する】杉本ワークス
2018年10月23日